新人現場監督に必要なスキル!

現場監督 施工管理

ごぎげんよう!トミーです!

今回は業界入りたてホヤホヤの新人さんに向けて、現場監督に必要なスキル知識をやさしく解説していきたいと思います!

どのような仕事をするときでも新人の時って右も左も分からないことだらけだと思うんですが、このブログが少しでも新人さんたちのヒントになれば嬉しいです!

それでは僕が思う現場監督に必要なスキルを重要度が高い順番で紹介していきたいと思います!

コミュニケーション能力

ズバリ!!

僕が現場で1番大事だと思うスキルはこのコミュニケーション能力です!

なぜ必要か?

現場って1人で全てチェックしていても必ずと言っていいほど見落としや思わぬ落とし穴に遭遇するものなんですけど

こういう時に職人さんと常にコミュニケーションをとることで、職人さんの方から現場の問題点を指摘してくれたりアドバイスをしてくれたりするので現場でのミスが格段に減るんです!

1人でチェックするのか。みんなでチェックするのか。どっちの方がミスが少ないのかは皆さんお分かりだと思います!

また職人さんとコミュニケーションをとっていれば、現場も明るく和気あいあいとして仕事も効率よく進むので1石3鳥くらいの勢いです(笑)

意識しないといけないこと

職人と一緒に仕事をする中で僕が意識していることは、職人に対してリスペクトする気持ちを持って接すること!

なぜ大事かというと、職人の力がないと現場って成立しないからです!

僕ら現場監督の仕事はあくまで現場を管理することで実際手を動かして建物を建てるのは職人がいないと始まらないからなんです!

『そんなん当たり前やんっ』と思うかもしれないんですけど

結構いろんな会社を見てみると現場監督ってだけで無駄に威張る人も多いし、やってもらって当たり前感がとても強いように思います!(個人的に大手ゼネコンが多いイメージ)

多少の威厳は僕も必要だとは思うんですけど、はき違えたらあかんで?ってことです(笑)

なので今日からはリスペクトの気持ちを持って職人と接しよう!

現場管理能力

現場監督に欠かせないスキルの1つとして現場管理能力があります!

現場監督は様々な業種の管理や現場の条件・天候などといった不特定なものも含めて管理していかなければなりません!

一見すごい難しそうな話ですが、慣れてくると大丈夫です!

はじめのうちは職人がどういった作業をして現場がどう動いていくのかが全くわからないと思うので少々てこずりますが、慣れてくるとパターン化していくので最初のうちに『もう無理やあー⤵』とかにはならんといてください(笑)

現場管理能力というスキルの中で僕が大事だなと思うことをここで紹介していきたいと思います!

先を見通す力

僕が大事だなと思うポイントはこの先を見通す力です!

この先を見通す力(見聞色の覇気)をつけることによって現場を管理する能力が格段に上がると僕は思います!

現場では常に『次には何が起こるか?』・『完成したらこんな感じになるんかな?』と想像を膨らますことによってミスが未然に防げるので、みなさんイメージする習慣をつけましょう!

この想像力は常にイメージすることによって身につきます!

危険予知

現場に危険はつきものですが、自分が危ないなと思う作業は別のやり方を考えるなどの対応が必要です!

また、止める止めないの決定権は現場監督が握っているので職人の動きを常にチェックすることがとても大切です!

トラブル対応

現場って本当にいろんなトラブルが起きるんです!(笑)

近隣のクレームや臭い、粉塵、振動、etc…..

言い出したらキリないくらいです(笑)

そんなトラブルにどう対応していけばいいのか?

ここではトラブルについて解説していきたいと思います!

冷静な対応

いざトラブルが起きたとき皆さんは咄嗟にどんな対応をしていますか?

トラブルが起きたら全く動じない人焦ってテンパる人のどっちかだと思いますが、僕は間違いなく後者です(笑)

『全く動じない人めっちゃかっこいいなー』と僕は勝手に思ってて

現場の先輩にそういう人がいたので思い切って『なんでそんなに落ち着いているんですかー?』って聞いてみたら

『トラブルって起きるもんやと思ったら大したことない』と言われました!

皆さんもうわかりましたか?

冷静な対応ができるかできないかはトラブルについての考え方の違いだけです!

僕もこの考え方にしてからだいぶ冷静な対応ができる様になったので、皆さんも是非実践してみてください!

⚠️浮気してバレたときにも使えます。

効率的な現場を目指す

現場監督には工期の終わり間際に火が付く人・初めにパパっと仕事をこなして終盤に余裕を持たせる人などいろんなタイプの人がいるんですけど、どうせやるなら効率よくやりたいですよね?

僕がいろんな現場監督を見てきたり、自分の体験をベースに効率よく仕事をこなす人の特徴をまとめてみました!

工法の熟知

木造・RC造・S造といったそれぞれの特徴を持つ工法であったり納まりを熟知することで、次にやるべきことが明確になり効率よくなります!

効率がいい人は工法・納まりを熟知している人がほとんどです!

職人の動き

多業種が1つの現場に集まって作業をするとき

他の業種のエリアに干渉してしまうときって必ずあるんですが、そこをなるべく干渉しないように動線を確保したり作業の日程を変えたり臨機応変に対応していくことが重要になってきます!

素早い対応

素早い対応とはどういうことなのか?

僕は個人的にこの中で1番大事だと思っていることなんですけど

現場監督の中にも性格的になんでも後回しにする人が多くて、それをすると次のようなことが起こります。

  • 重要なことを忘れてしまい、取り返しがつかないことになる
  • 工期が遅れてしまう
  • 無駄な費用が掛かる
  • 信用を失う

後回しにするってことはこれらのデメリットが生まれるということです!

なんでもそうですけど、後回しにして良いことってなんにもありません(笑)

なので、言われたことはすぐ行うことを心がけましょう!

人生においても大事なことです(笑)

まとめ

今回は僕が思う現場監督に必要なスキルをまとめてみました!

このスキルは別に現場監督だけが必要なものだけでなく、人生においても武器になるスキルばかりですのでまた皆さんぜひ実践してみてください♪

『こんなんできへんわー』みたいなことは一切ないので、これから現場監督として頑張る人やまだ建築業界に入ってない人のヒントになれば嬉しいです!

ありがとうございました!

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました