ノコギリの種類・使い方をやさしく解説!

道具

ごきげんよう!トミーです!

今回はノコギリの種類や効率よく切れる使い方をやさしく解説していきたいと思います!

使い方に関しては、ポイントを抑えるだけで切るスピードが格段に上がるので

是非チェックしてみてください♪

ノコギリの基礎知識

はじめに、みなさんノコギリの各部分の名称は知っていますか?

もしこの名称を覚えていたら

『おっ!こいつやるな』と思われるんで是非覚えてください!(笑)

ノコギリの細かい名称

こちらの図は両刃ノコの場合ですが

縦挽き・横挽きというのは刃のギザギザ部分のことで歯の形状や角度が少し異なります!

またどちらを使うのかというと

木目に対して『垂直に切るか』、『平行に切るか』で変わってきます!

込みっていうのは柄の部分ですね!

この図の名称だけでも覚えておくと評価UPです♪

種類

両刃ノコ

両刃ノコは横挽きと縦挽きの刃が別々に付いているので

1本持っておくだけで非常に便利な道具です!

木目に対してどう切るかで変わるので

横挽きと縦挽きの違いを説明します!

横挽き

横挽きは刃先が木の繊維を削り取る仕組みになっていて、木目に対して90度に切るときに使います!

縦挽き

縦挽きは刃先が木の繊維を削り取る作りになっていて、木目に対して平行に切るときに使います!

ちなみに最近は両刃鋸はあまり見かけず、横挽きだけのノコや縦挽きだけのノコを使う人が多いです!

廻挽ノコ・引回ノコ

廻挽ノコ・引回ノコは主に曲線を切りたいときに使うノコで木材や石膏ボードを切るときによく使います!

職人さんは壁や天井に丸い穴などを作るときに使用する道具ですが、ノコ未が細いため、厚い材料を切ることには適していません!

また細かい曲線を切りたい場合は廻挽きノコ・引回ノコより糸引ノコをオススメします!

万能ノコ

万能ノコは刃によって色んな材種のものが切れるノコで現場ではなんでも切れる簡易なノコってイメージです!

また最近は折り畳みのものも多いので、収納しやすく便利です!

しかし、切断面を綺麗に切りたいという方には刃のギザギザ部分が粗いものが多いのでオススメしません!

弦架ノコ・糸引ノコ

刃が交換式のノコで細かい曲線を切りたいときに使うノコです!

金属の弓がバネになっていて、ねじ止めで刃を張ることができます!

電動ノコ

電動ノコってほんとに沢山の種類があるので、ここでは代表的なものを3つ紹介します!

ちなみに図の工具はチェーンソーってやつです!

ジェイソンが人を切るのに使うやつですね(笑)

真似はしないように!!

解体系(レシプロソー・セーバーソー)

レシプロソー・セーバーソーは現場でも色んな場面で活躍してくれる工具で木材や鉄、プラスチックなども刃を変えるだけでよく切れるのでとても便利です!

僕自身現場ではお世話になっているのですが、1つ刃が折れやすいのがデメリットです!

またDIYとかする人であれば色んな種類があって『どれを選んだらいいかわからないっ』

ってなると思いますが、刃の種類が沢山あるものを選ぶのがオススメです!

直線形(電動丸ノコ)

みんな1度は見たことがあろう丸ノコですが

これは主に木材を真っ直ぐに切る工具です!

1つ持っておくだけで作業スピードが格段速くなるので買っておくことをオススメします!

HITACHIの丸ノコかMAKITAの丸ノコで悩むところですが、

僕はMAKITAの方が同じバッテリーで使える工具が多いのでMAKITAを使っています!

曲線系(ジグソー)

ジグソーは電動で刃を上下運動させて曲線や切り抜きをするときに使用する工具です!(専用の定規を使えば直線も可能です!)

現場ではあまり使わないんですが、DIYをされる方にとっては使い勝手も良いのでオススメです!

以上現場でよく使うノコギリの種類をまとめましたが

この他にもまだまだ沢山の種類のノコギリがあります!

使い方

頭の位置

切るときに非常に大事なのが真っ直ぐに切ることっていうのはわかると思いますが

真っ直ぐに切るためにはどうしたらいいのか?

ズバリ!!

の位置です!

結構いろんな人見てると、頭の位置がブレブレなことが多いんですが

そんな切り方じゃ絶対真っ直ぐは切れないです!

『じゃあどの位置が正解なの?』

これの答えはノコの真上に頭を持ってきて、両側を均等に見て切ることで

簡単真っ直ぐ切れます!

力を入れるタイミング

ノコギリの使い方は基本的に切るものに対して押し引きするのですが

どのタイミングで力を入れるかがとても大事になります!

押すときよりも引くときに力強くがとても大事なポイントです!

刃の角度

基本的にノコの角度は30~45度くらいが普通だが

横挽きや柔らかい材を切るときは緩い角度で切り

縦挽きや堅い材を切る場合はノコを立て気味にして切るのが原則であり、速く切れる!

まとめ

今回はノコギリについて種類や使い方を説明させていただきました!

ちなみに凄腕レベルの職人になると刃の厚みやしなり具合によって良い刃・悪い刃の違いも分かるらしいですよ!

すごいですね!!

また最近はDIYをやる人も増えてきて、お手頃な値段の工具なども増えてきているので

是非皆さんコーナンやロイヤルに足を運んでみましょう!

見るだけでも結構面白いですよ♪

以上!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました